廊下が明るくなる。大家さん、有り難う。

なんと大家さんが廊下の電灯を新調し、24時間点灯にしてくれました。


f:id:satokotokotokox:20170122070840j:image

 

私の住むマンションは、南側にベランダ、玄関は北側にあります。玄関をでると共有スペースの廊下。

こちらも、一部、建物がすぐ目の前に建っていて薄暗い。南も北側も暗いなんて‼と大家さん、考えて下さったのでしょう。

 

廊下を明るくしてくれました。しかも、24時間点灯です。

 

マンションのエントランスも今までより明るい照明に。

 

こんな気遣い、とても嬉しいですね。

『どうしよう』ではなく『何をどうするか』

私の大好きなテレビ番組、『ホンマでっか』で亀田直樹先生が仰っていたこと。

 

なにか困ったこと・心配事が起きた時に、

 

『どうしよう?』という言葉は、ただ、どうしたらいいか分からない、ということで不安を増大させてしまう。

 

ではなく、『何を』『どうするか』と考える。そうすることで、自然と次ぎに何をするかの行動が見えてくる。

 

とのこと。ちなみに、前者は日本語的な発想で、後者は英語的な発想だそうです。

 

なるほど~‼

言われてみると、しっくり。『どうしよう!』って言ってたって何も状況は変わらないけど、『何をどうするか』を考えて行動することで、(たとえうまくいかなくても)前に進むことができますよね‼

 

今、家の前にマンションが建つってアンラッキーなことだけど、この考え方でなんとか切り抜けていきたいな。

取り壊しの騒音に苦情の電話をかける

取り壊しはうるさい、施工業者に苦情の電話 - 家の前にマンションが建つことになりました

の続きです。

 

ある雨の日、取り壊しの音のうるささに耐えきれなくなり、マンションの施工業者に電話をかけました。

 

「うるさいです。テレビの音が聞こえないし、聞こえるくらいまで大きくしたら騒音とテレビの音でどうにもならなくなります。」と私。

 

「申し訳ありません。」とすぐに謝ってもらいました。

 

そして、「工事の説明にお宅に伺います。」とのこと。

 

あーっ、どうしよう、いやだな、と思いつつも、この騒音を部屋の中で聞いてほしい。と思い、了承しました。

 

そして、訪問に来たら、なにか埋め合わせ、というか良いことあるんかな、と淡い期待を抱きつつ、建設業者の訪問に臨むことになりました。

次回に続く…

 

 

 

 

1つ上の階までマンション工事が進む

ベランダの目の前は幕
f:id:satokotokotokox:20170118171250j:image

 

少し見上げると建物の影が。もし1つ上の階までの建物だったら、なんとか日射しがキープできるんだろうなぁ。

f:id:satokotokotokox:20170118171330j:image

 


西側も建物が高くなってきた。南西にあるマンションはもう見えない…

f:id:satokotokotokox:20170119100639j:image




取り壊しはうるさい、施工業者に苦情の電話

マンション工事がはじまって暫くは、すごい騒音でした。

テレビの音は、いつもが14くらいだとしたら窓を閉めても20くらい…

普段ならお天気のよい、窓を開け放ちたい日も窓をあけれない。

大変でした。

 

そして、ある雨の日、雨のせいか工事の音がよりうるさく、どうにもならない気持ちになってマンションの施工業者に苦情の電話をしてしまいました。

マンション建設計画書が届く

思い出して書きます。

家の南側の住宅の取り壊しが始まりました。

はたして、目の前もマンション用地になってしまうのか、そわそわご近所さんと心配していると、ポストに建設計画書が投函されていました。

 

あぁ…やっぱり

 

そこには、建設予定のマンションの図面、工程表が入っていました。マンションは15階建て。

図面をみると、駐車場縦一台分のスペースの後(←後日これは計画変更されたようで、無くなりました。)、マンションが建つようでした。

居住しているマンションにも駐車場縦一台分のスペースがあるので、合計すると10メートル先にマンションが建つ。そして、それは15階建て。わたしが住んでいるのは5階。

 

この日から、10階高い建物が建っているすぐ北側のお家の状況をどんなのか、街で探すようになりました。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます! 応援のクリックおねがいします。

 

太陽をつくり出せ!

以前は日当たりがよく、昼間に電気をつけるのはお天気の悪い日だけでした。

だから、電気は、夜につけたときの目の優しさを考慮して、電球色。

とても気に入ってました。

 

が、家の前が幕でおおわれて、朝から電気を点けることに。

朝から電球色は、なんだか違和感。昼白色の気分です。

 

で、で、思い切って買い換えました!

LEDシーリングライト 調光、調色タイプ!

これなら、朝は昼白色、夜は電球色です。

 

そして、6畳の部屋に12畳用を買ってやりました!

(レビューに色を使い分ける場合、6畳に6畳用は暗いとあったので!)

あ、明るい! 日差しが入らなくても負けないもん。

 

 

今日も読んでくださり、ありがとうございます! 応援のクリックおねがいします。