取り壊しの騒音に苦情の電話をかける

取り壊しはうるさい、施工業者に苦情の電話 - 家の前にマンションが建つことになりました

の続きです。

 

ある雨の日、取り壊しの音のうるささに耐えきれなくなり、マンションの施工業者に電話をかけました。

 

「うるさいです。テレビの音が聞こえないし、聞こえるくらいまで大きくしたら騒音とテレビの音でどうにもならなくなります。」と私。

 

「申し訳ありません。」とすぐに謝ってもらいました。

 

そして、「工事の説明にお宅に伺います。」とのこと。

 

あーっ、どうしよう、いやだな、と思いつつも、この騒音を部屋の中で聞いてほしい。と思い、了承しました。

 

そして、訪問に来たら、なにか埋め合わせ、というか良いことあるんかな、と淡い期待を抱きつつ、建設業者の訪問に臨むことになりました。

次回に続く…