『どうしよう』ではなく『何をどうするか』

私の大好きなテレビ番組、『ホンマでっか』で亀田直樹先生が仰っていたこと。

 

なにか困ったこと・心配事が起きた時に、

 

『どうしよう?』という言葉は、ただ、どうしたらいいか分からない、ということで不安を増大させてしまう。

 

ではなく、『何を』『どうするか』と考える。そうすることで、自然と次ぎに何をするかの行動が見えてくる。

 

とのこと。ちなみに、前者は日本語的な発想で、後者は英語的な発想だそうです。

 

なるほど~‼

言われてみると、しっくり。『どうしよう!』って言ってたって何も状況は変わらないけど、『何をどうするか』を考えて行動することで、(たとえうまくいかなくても)前に進むことができますよね‼

 

今、家の前にマンションが建つってアンラッキーなことだけど、この考え方でなんとか切り抜けていきたいな。